次回は、流星です。

 

6月に入って一週間ちょっと。パーツ作りの毎日です。何のパーツかは、この段階ではちょっと分かりにくいですね。流星の内部インナーパーツです。


毎日シリコン型に注入しては、バリ取り〜脱脂洗浄です。気温が25度前後で、本格的に梅雨に入る前の湿度が低いこの時に一気に作ってしまいます。樹脂の特性で小出しに冬とかに作ると、温度湿度の関係で自重が変わってしまうので。
1箱約150個ありますが、今4箱目。これも樹脂の特性で、少し使って残りを長期保管しておくと、湿度とかで変質してしまうので全て使い切るまで一気に制作してしまいます。これが均一な品質と、結果的にコストも安くなります。あと4箱分作る予定で、合計約1200個分になります。


このインナーパーツの形は、リニューアルする今回から採用しますが、試行錯誤の結果、この「脚立式」がシンプルな構造かつ強度が保たれるので、この形状にしました。下穴にウエイトをかませて、上穴はボディーと一体化し密着させる為の穴になります。
やはり、三角構造とハニカム構造を取り入れると強度が高くなりますね。

 

 

最終プロトでも良いの出てます。

羽根パーツが今回大きく変わります。

よりシンプルに、より強くなります。

乞うご期待!